アダルトニュースや風俗知識のコンテンツを綴っているブログサイトです。

危険な快楽を持っているアルコールオナニー

お酒の使い方は飲むだけじゃない

男女問わず成人している方なら飲んでいるアルコール。
飲むだけで仕事のストレスを解消できるので昔から愛されています。
しかし最近巷ではアルコールを飲むだけじゃなく
オナニーに使用するのが流行りつつあります。
その名の通りアルコールオナニーと呼ばれていますが
このオナニーをすると通常のオナニーでは考えられないほどの
気持ち良さを味わえるのです。
ただし気持ち良いからといってリスクが無い訳ではありません。
今回はアルコールオナニーをテーマに簡単なやり方と
危険な理由について解説していきます。
ただしアルコールオナニーは未成年の方はしない様にしてください。
飲酒する訳ではありませんが法律で禁止されています。
また車を運転する人も控えるようにしてください。
アルコールオナニーは危険だという認識を持つことが大切です。
まずアルコールオナニーで必要なものは
アルコール、オナホール、ローションです。
なるべくなら刺激の弱いオナホールを使用した方が良いでしょう。
そしてアルコールですが、ビールや酎ハイなど炭酸が入っているものより
ブランデーや日本酒、ワインなどが適切でしょう。
最初は度数が低めのアルコールを使用するようにしましょう。
やり方としてはローションとアルコールを混ぜた液体を作ります。
そして出来た液体をオナホールの中に入れて
通常通りのオナニーをする。
アルコールオナニーのやり方は非常に簡単ですね。
こんなもので気持ち良くなるの?と疑問に思う人もいると思いますが
絶対に今まで味わった事の無い快楽に包まれるはずです。

危険がいっぱいなアルコールオナニー

なぜアルコールオナニーが気持ち良いのか?
その理由はペニスからアルコールを吸収しているから。
なので未成年の方には出来ないオナニー方法なのです。
ペニスからアルコールを摂取することでペニスの血行が良くなり、
敏感になるといわれています。
そしてアルコールの効果でペニスが熱くなり通常のオナニーよりも
気持ち良さが増すのです。
度数が高ければ高いほど気持ちよさが強くなりますが
粘膜が弱い方はペニスに痛みを感じてしまうかもしれません。
簡単に気持ち良くなれるアルコールオナニーですが、
なぜ危険とされているのでしょうか。
その理由として急性アルコール中毒になる危険性が高まるからと
いわれています。ペニスからアルコールを摂取すると
急激に酔っぱらってしまう危険性があるのです。
人間は通常粘膜からアルコールを吸収します。
男性器であるペニスは粘膜が剥き出しになっているので
アルコールの吸収速度が以上に速いのです。
なのでお酒に弱い方がやるのは危険ですし
間違った方法でオナニーをすると痛みを感じてしまう場合もあります。
一度ハマると中毒になってしまう危険性もあるので
試してみたい方は注意点を守ってするようにしてください。

動画でオナニーを見たいなら

オナニーで感じる女性の姿を無料配信

Copyright © アダルト風俗知識ブログ エル・コディゴ All Rights Reserved.